麻福のてぶくろを買いました!

なんだか湿気の多いムシムシとした日が多いですね。
でも、水仕事が多かったりすると夏だろうと季節に関係なく
手荒れ、乾燥がひどい人もいるのではないでしょうか?
本当は手袋をした方がいいのですが、このような気候だとうっとおしくて手袋なんて
基本的にはつけたくないですよね。

それで、色々と調べていたところ通気性のいい麻でできた手袋があることを知りました。
「麻福」というメーカーで麻の商品を専門に取り扱っています。

IMG_20190813_094042

洗濯用に2セット用意して枕元にきんちゃく袋にいれて保管しています。
もし手荒れに困っている人はぜひ「麻福」で検索してみてください。
寝る時だけでもしていると、だいぶん手が潤いますよ!

ポーチュラカが本領発揮!

ポーチュラカを買いました!
という記事を書いてから約1か月。
大きな吊り鉢の子が調子を取り戻して元気に花を咲かせています。
この間は最高記録の1度に7輪もの花が咲きました。

ポーチュラカ
ミックスカラーで遠目にも可愛く見え、ベランダが一気に華やいでいます。
花屋の友達にポーチュラカの管理について色々アドバイスをもらったのですが
水は控えめで太陽はカンカン照り、という状態が一番元気だそうです。
普通に考えると枯らそうとしているようにしか思えませんが
ポーチュラカは強くて、地植えなら水やりをしないくらいだそうで…。
それに習って少し水やりは控えようかなと思っています。
そうは言っても連日雨だったり夕立だったりで、毎日鉢植えが濡れてしまっていますが。

挿し芽の子たちは枯れているわけではなく少しずつ育ってきているのですが
やはり花が咲き始めるまでには時間がかかってしまっています。
昨日あたりから蕾が付き始めていることに気が付いたので
そろそろこちらも表舞台に上がってきてくれるのではないかと楽しみにしています。

コケリウムデビューしました

台風の影響でお天気が荒れていますね。いかがお過ごしでしょうか。
少しお休みを頂いている間、何かをはじめよう!と思い立ち
数年前から気になっていたテラリウムのひとつ「コケリウム」に手を出してみることにしました。

コケのインテリア「コケリウム」さんが専用のキットを販売されているので
そこで初心者用のキットと、気になった植物を数点購入。
お盆前にしっかり配達してもらうことができました。

IMG_20190809_125748
IMG_20190809_125806

こちらが初心者用のキットで作成したものです。
「コケリウム」にて「コケリウムキット キューブM(フタ付)」として販売されています。
中に入っているのは背の低い「コツボゴケ」と傘のように背の高い「オオガサゴケ」の2種類。
レイアウト用の阿蘇の天然溶岩石と追加購入した極小サイズの溶岩石でつくられたテラリウムです。

IMG_20190810_135351

こちらは個人的にシダが植えて見たくて別途購入した「サイゴクホングウシダ」
それから、どうせなら違うコケを敷いてみよう、と「カマサワゴケ」を。
見栄えが気に入った「オオガサゴケ」も購入して、極小溶岩石と一緒に瓶詰に…。
これが実質初めてのオリジナルテラリウムとなります。

IMG_20190810_135611

二つを並べてみるとこのような感じ。
左が専用のテラリウムキットで右側はオリジナルです。
右のオリジナルの方は様子見ということで、安い保存ジャーに入れているのですが
テラリウムにするにはガラスの透明度がとても大切ですね。
専用のキットの器はとても綺麗なガラスの容器でクリアに中身が見えるのですが
保存ジャーの方はもともとガラスの透明感なんて関係ありませんから、
ちょっと見栄えの方が落ちてしまうのが残念…。
でも、まずはやってみることが大事だったのでこれはこれでいいかなーと。

IMG_20190809_130224

今回コケと一緒に購入した、この青い霧吹きがとても優秀で感動しています。
細かい粒子の霧が連続噴射される高性能なもので、
霧吹きにして2000円弱というなかなかのお値段でしたが
とてもいい物を購入することができました。

コケは見た目にも涼しそうで、小さくまとまった自然の風景というのがとてもオシャレですね。
今、パソコンの上に飾っているのですが目が休まるような感じがしています。

お休みの間に作ったこの2種類は、今後自宅で楽しませてもらうのですが
慣れてきたらもう少し大きいキットの購入をしたいと考えています。
その時には、野口接骨院の玄関に飾らせてもらうかもしれません。
コケの涼しそうな姿をぜひ楽しんでもらいたいと思います!

このページのトップヘ

見出し画像
×