オリジナルスマホケース、作り始めました!

今年はクロスステッチ刺繍に加えて、カルトナージュをはじめました!カルトナージュというのは、フランスの伝統工芸で厚紙を組み立てて布や紙を貼った箱を作る技術です。

まだ教本は買えていないのですが、動画等を見て見様見真似で少しやってみたところもっと本格的にやってみたくなったのでちゃんと本で勉強しようと思っています。そしてやっていて分かったことがあります。カルトナージュ自体は箱を作る技術なのですが、その技術そのものは別に箱として組み立てなくても使える…!と。

そんなわけで作ってみました。カルトナージュの技術を用いた手帳型スマホケースです!
オリジナルスマホケース

私のスマホはROG2というゲーミングスマホで、大きさも厚みも何もかも通常のスマホとは全く違う仕様になっているため市販のものを使うことができません。手帳型が使いたかったのですが、黒い合皮のものが1種類しかなく、選べもしなかったのでそれを買ったのですが…どうしても使い続ける愛着が持てなかったのです。

材料は土台に使っている2種類の厚みの厚紙と布。あってもなくてもいい触り心地のためだけに間に入っている不織布。あとはパーツとして使ったスナップボタンのみというお手軽なものとなっております。

実は先日の3連休で同じ布を使った1作目のスマホケースを作っており、今回はそのグレードアップバージョンとなっております!今回も課題を残す感じにはなってしまったのですが、確実にレベルは上がっているので自分としても楽しく作業ができています。

P_20200119_160921

左が初めて作ったものです。そもそも左右逆の作りになってます。コーティングが汚いのは筆がなかったことが原因です。不織布はバージョン2からの採用なので、1作目は厚紙と布のみ。非常にがちがちな手触りとなっております。バージョン2でスナップボタンを採用したのですが最初は購入したスマホカバーを解体して取り出したマグネットを流用しました。結果なんですが、スナップボタンの方が簡単に取り付けられるのに見た目は高級感が出るということで次からはスナップボタンでいいかなという感じです。

P_20200110_080250

仕方なく使っていたスマホケースから型紙を取らせてもらえたので存在自体はありがたいです!また、外側の合皮部分は廃棄しましたが、スマホ入れるプラケースは使えそうだったので予備を作る時にまた使わせてもらおうと思っています。

P_20200110_134437

このように組み合わせて貼り付けていき、布を貼るのが基本的な作り方になります。意外だったのが、布の柄のせいというのも若干ありますがコーティングするのとしないのとでは、かなり見た目の印象が変わることです。

P_20200119_060921_1

コーティング前はこんな感じ。ふわっとした布感があります。この感じも結構好きなんですが、汚れとかに弱そうなのが気になりますよね…土台が厚紙なので洗濯するわけにもいきません。

で、コーティングが終わって撥水加工が終わるとこうなります。
オリジナルスマホケース

ばりっとした硬さと艶が出て謎の皮感が…。初回は厚紙と布だけだったから硬度が増した時にガッチガチになってしまったので不織布挟んでみることにした次第です。左右逆という大きな間違いから、細かい部分の変更まで色々と盛り込んだバージョン2の中で、最も気に入っている加工は実はここだったりします。

P_20200119_161009_1

布の下に少し柄の違う層があるのが分かるでしょうか。この部分、厚みが欲しいんですが布を折り込むには厚みがあり過ぎて届かなくなってしまうのでどうしても二層にするしかありません。そうすると厚紙がむき出しになってしまうので、木目柄のマスキングテープで縁を加工したものを使ってみました。

この部分はどうしようもないのですが、全体の補強を行っている層など工夫すれば隠せた部分も今回は隠せていない状態なので、次に作る時にはその辺も更に改善していければと思っています。
まずは二歩目…これがカルトナージュです、とは言えないものを作っていますが、技術を磨いていければと思います!

明けましておめでとうございます!

今年初ブログになります。あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします!

お正月休み中に、新しいことをはじめました。というか…物を購入しました!

P_20200107_232926

年末セールでお買い得になっていたクロスステッチキット。実は一番最初に刺してみたいと思った憧れの商品でもあります。ドリームキャッチャーにインディアンの帽子のようなものをかぶったフクロウがとまっている図柄になります。ビーズパーツもあるので華やかな仕上がりになりそうでとても楽しみです!

そして何よりこちら…!!ついに買ってしまいました。
P_20191229_223202_1
スクロールフレームです!大作を刺す時に活躍する、布を上下で巻き取る仕掛けです。大体のものが、フレーム自体が大きなスタンドになっているか、机の上に置く用になっているかの二択なのですが、これは職人の方が手作業で作っているクランプ式のスクロールフレームです。ちゃぶ台だろうがテーブルだろうが、自分で刺しやすい高さに調整して取り付けることができるので楽な姿勢で刺せます。クランプ式なので取り外して片付けることも出来るので刺繍部屋がない人にもおすすめです!

このフレームを購入したということは……
ついに、超大作の準備が整ったということで。そろそろHAEDの世界に旅立つときがやってきています。HAEDは制作過程を載せるのに許可が必要になるので、こちらで進捗を載せるのは難しいですが始めた時には報告させてもらうと思います。初めてスクロールフレームを触りましたが、ものすごく快適で買ってよかったです!

フレームが出せない時には前にやっていたパンジーの作品の続きをやっています。こちらは額装が楽しみ!出来上がったらまた発表させてください。

それでは、とっても寒い日が続いていますが体調に気を付けてお過ごしください。最後まで読んで頂きありがとうございました。

また新たにルーカスのキットをやっています

少しずつ細かい目のクロスステッチに挑戦するぞ!と決めて、前回よりも2ct小さくなった18ctのクロスステッチキットに取り掛かっています。
P_20191221_104414

これが図案1枚目が刺し終わったところです(全8枚)
びっちりと埋めなければならない作品なので時間はかかっています。1枚目の図案を刺し終わるのに1か月…このままでは半年ほどかかってしまいそうなペースなのですが実際は各図案ごとに刺す分量が違うのでそこまではかからないと思います。

当然刺す量から、一般的には今やっている物の方が難易度が高いとされるのですが、私は目が飛ぶとすぐに刺し間違いをしてしまうので、これくらい詰まっている方が間違えることがなく安心して刺し進めることができています。個人的にはバックステッチを入れなくていいのも気軽で助かります。繊細なラインを入れることで全体が引き締まるのは前回のキットでよく分かったのですが、場所を見失うのが得意な私としては、一度刺したところのことはもう忘れたいのです…。

ともかく、そんなこんなで時間がある時には朝・夜と少しずつ進めていっています。完成が今から楽しみです。パンジーの季節が終わる春までには……完成しないでしょうか?

このページのトップヘ

見出し画像
×