刺繍が上達してきました

刺繍のクロスステッチにハマり始めて半年ほどとなりました。
実は6月頃に小さい作品を刺している記事を書きましたが、
その頃から作っている全面刺しのものがあります。
全面刺しのクロスステッチというのは、こういうものです。

IMG_20190928_093200

ドットを埋め尽くす形で絵を浮かび上がらせる根気のいる部類の刺繍です。
実はものすごく手が遅くて1週間作業していてもどこを進めたのか分からない程度だったのですが
半年でだんだんと上達し、速度も増してきました。
その上達の陰には、道具の充実という要因もありまして…。

ひとつはこれ。
IMG_20190917_192245
ご存知でしょうか。
これは刺繍枠の中でも「ラップスタンド」と呼ばれる形式のものです。
刺繍枠が支えられているので、手を添える必要がなく
両手で刺繍をすることができます。
片手でするよりも裏側で刺繍糸が絡まったりする事故を防ぐことができ、
手にかかる負担も軽減するので、長時間作業をしていても疲れにくくなりました。

このラップスタンドですが
ベースはこの、皆さんがよく手芸コーナーで見かけるであろう形。
丸枠と言われる形です。
ラップスタンドは、サイズ違いの丸枠2つを繋げた形をしています。
刺繍枠スタンドの一種ではあるのですが、
本来「刺繍枠スタンド」といえば、ほとんどの場合はこの形です。

もちろんこの形でもいいのですが、安定感もあって2サイズセットになっていて
形状的にも丈夫そうなラップスタンドの方が良い…ような気がしませんか?


私もネットで色々調べまして、プロの刺繍作家さんがこれをすすめていて知りました。
でも販売しているメーカーがほとんどないんですよね…。
いくつか見つけましたがお値段的にも、
上記に紹介しているアメリカのメーカー「Morgan」の商品一択という感じ。
プラスチック製の枠に家具の固定用かと思うような無骨な金具で
見た目がカッコいいものではないのですが、それを差し置いて使い勝手が非常にいいのでオススメです。
大きめのものを買ったので、もう1サイズ小さいものも買おうかなーと思ったりしています。

あと、長時間作業をするようになって気になり始めたのは明るさ。
意外と家の照明だけでは頭の陰になったり明かりが足りなかったりするものですね。
机の上で書き物をしたりする機会がなくなり、物置に片付けてしまっていたデスクライトを出してきました。

IMG_20190923_061608
今は基本的にこういうスタイルで作業をしています。
明るいとかなり目が楽です。
使うことはないかなーと思いながらも捨てずにいてよかった!
デスクライトは今は充電式のものも多かったりと、より便利になっているようですが
このLEDの寿命がもっている間はこれで十分かなと思っています。

そんなわけで半年かかった作品がようやく完成間近に。
最初から今の速度が出せていれば3カ月くらいで完成させられたのかなと思ったりします。
いよいよ今月の半ばには完成させられそうです!
IMG_20191001_233431

やってみたい作品が山ほどあって、既に自宅にスタンバイしているものもあるので
次にいきたい!という思いを抑えながら、今やっているものを完成させようと頑張っています。
地道な作業が実を結んで大きな作品になるというのは達成感がありますね!
細かい作業が好きな人にはクロスステッチ、おすすめです。

今年も行ってきました!鼻高展望花の丘

高崎の鼻高展望花の丘、今年もいってきました!
ただいま、コスモスが花盛りです。その他にも季節のお花が咲き誇る花まつりが開催中。
お花が好きな方はぜひ足を運んでみてください。

去年は実は花まつりの後半の時期に遊びに行き、すでに終わっているお花もありました。
今年は早めだったので、まだまだこれから咲くお花もありました。
去年は既に終わってしまっていた黄色いコスモスでの花迷路も今年は満開!
花によって咲く時期が違うのか、日当たりで開花時期が違うのか…
細かいことは分かりませんが、咲いている場所とまだ咲いていない場所がはっきりと分かれています。
背の丈ほどある黄色のコスモスは並んで記念写真を撮ると写真映えも綺麗そうです。
IMG_20190925_141707

そして、やはり今年も気になった、大きなお花が目をひくオクラの花。
花びらは薄手で淡いクリーム色。風にふわふわと揺れる様は涼し気でした。

IMG_20190925_142001

花まつりは来月、10月中旬まで開催中です!

中之条ビエンナーレにいってきました

町中に現代アートが溶け込んでいる不思議な芸術祭「中之条ビエンナーレ」
2年に1回のこのお祭り、絶賛開催中です。
前回とても楽しめたので今回も行ってきました!
当然ですが、毎回新しく作り直すので全ての作品が新しくなっており
前と同じ場所でも違う作品が鎮座している様子はとても面白くありました。

何気なく植木鉢が並んでいるなーと思って見ていたものが、実は作品だった!ということもあります。
IMG_20190916_123643

逆に、間違いなくこれは芸術作品だ!というものが、堂々と屋外に展示されていることもあります。

IMG_20190916_123808

現代アートはどれも力強く、分からないなりに見ているととても楽しい気持ちになります。
前回もお気に入りの展示場だった旧校舎を使ったエリアは今年も力作が揃っていました。

IMG_20190916_123357

実は両サイドに並んでいる椅子も作品。
廊下の感じも雰囲気があって芸術作品とマッチしています。
IMG_20190916_122845

これは何か、というのは考えても分からないものも多く
見て回っているうちに、頭を真っ白にして作品をただ感じることに集中している自分がいました。

IMG_20190916_123452

このキラキラした裾の部分は、実はゴミ。
ゴミ、というと語弊がありますがお菓子の袋の切れ端を四角く切ったものがびっしりと貼られています。
小さな切れ端でもたまに商品名が分かるものもあったりして、つい間近で見てしまいました。

今回、私が一番いいなーと思ったのはこちらの作品。
IMG_20190916_123258

教室に所せましと絵馬が飾られており、部屋の四隅に置かれた扇風機に拭かれてふわふわと揺れて
それぞれについた鈴に微かに音を鳴らしている静かな空間でした。
普通、絵馬には願い事を書きますが、この作品の絵馬には老若男女様々な人の書いた
過去の素敵な思い出が綴られていました。
どこかおとぎ話のような不思議な空間と古い木の香りがする校舎そのものが壮大な芸術作品となっていました。

この中之条ビエンナーレは、今度の3連休の最後の日である9月23日が最終日です!
何処かに行きたいけど、良いところが見つからない…という方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
町中を練り歩きながら芸術に触れる素敵な休日が過ごせるのでおすすめです!

このページのトップヘ

見出し画像
×