新しいことを始めるときにセットで役に立つカルトナージュ

kinnkasu_160
久しぶりにカルトナージュをやりました。

前にも少し話題に出していますが、カルトナージュというのは厚紙を切ってボンドで貼り付け組み立てて、布や紙を貼ることで装飾を施す、思った通りのサイズで箱を作る技術のことです。

この技術を身につけたのは刺繍を始めたのがきっかけでした。刺繍作品、布、などがカルトナージュと親和性が高かったため出来上がった刺繍作品や余っている布の使い道を探しているうちに知ることとなりました。そして刺繍に関して、収納に悩んでいる時に、よし、丁度いい大きさの箱がないならこれで作ってみよう!となったわけなのです。

最近新しい趣味として登場した万年筆……そのインクを入れている小さいボトルが、全然安定感がなくてすぐ倒れてしまうのが悩みでした。軽いボトルで、落ちることそのものは大した問題ではないのですが、少し触れるだけで倒れてしまうし隣のボトルに当たって全部落下、なんてことも……。倒れないようにボトルが置いてあるちょっとした棚に置ける小さな収納ケースにでも入れられたらな、と。

でもないんです、そうそうそんな「都合の良い丁度いい大きさの収納ケース」なんてものは。と、いうわけで作りました。直径2センチちょっとの小さなボトルが4本入れられるお手製収納箱。

IMG_-xpcbue

計算が苦手な私は、設計の段階が一番不安です。作ったのはいいものの、微妙に入らないじゃん……となった時の精神的なショックを考えると本当に怖いです。

今回は無事失敗することなく作成することができました。少しゆとりを持たせたので、多少サイズの違うものが手に入っても大丈夫。すぐに倒れてしまっていたボトルも、高さ2センチの仕切りに囲まれていれば揺れても倒れてしまうことはなくなりました。

楽しみながら学べるものを再発見しました

kinnkasu_160

「書く」という習慣を始めてから、改めて自分が文字を書くという行為そのものがすごく好きだったことを思い出しました。昔、小さいころですが祖母に習字を習っていて、メインで教えてもらっていたのは毛筆だったのですが硬筆がすごく好きだったんですね。学校の「かきかた」の時間とか、もうワクワクだったんです。残念ながら毛筆はそんなに……って感じだったのですが。

で、万年筆で文字を書くようになってから、せっかく文字に対してコンプレックスがないばかりか書くこと自体好きなんだから、もう一度ちゃんと勉強しようかなと思って、実は去年の年末に色々調べていました。

ペン習字の講座をやっているところはいくつかあったのですが、その中で私が選んだのは「日ペン」と呼ばれている日本ペン習字研究会が開講しているボールペン習字講座です!理由は期間中に申し込んで受講完了した人には1万円のキャッシュバックがあるキャンペーン中だったからという単純なものなのですが……後から調べてみたら、手書き文字の中で最も好感度が高いというアンケート結果が出ているとか……?!

信憑性のほどは謎ですが、結果的にはよかったかなと思っています。意外とお手本となっている文字自体、雰囲気が違うものなんだなと新たな気付きがあったりしました。


文字に対するコンプレックスはない、と言いましたが
実は学生の頃は女の癖に可愛い字がかけない、というコンプレックスはありました。
ある意味、その反動があるかもしれません。ころっとした丸い可愛らしい字は書けませんがそれなら徹底して、お習字の先生のような字が書けるようになってしまおう、という感じでしょうか。
現在、絶賛学習中。まだまだ初歩ではありますが、添削課題も全12回のうち4回ほど提出しているような状態です。
学習計画通りに進めば、今年中には確実に全ての工程をクリアできるはずです。

何か目標があったほうが張り合いがありますし、もしかしたら今後仕事にも繋げる事が出来るかもしれないので、今年の11月に開催される硬筆書写技能検定2級の合格を目指しています。

応援よろしくおねがいいたします……!

P_20240131_134143_1

みさと梅まつりにいってきました

kinnkasu_160

みさと梅まつりが開催中ですね!
先週、始まったばかりの梅まつりに早速行ってきました。

とても暖かい日が続いたりしたので梅の開花がすっかり始まってしまっている可能性もあるのでは?!と話しながら向かったのですが、意外とまだ大人しい感じの開花具合でした。

近くで見るとまだまだ蕾のものが多いな、という印象でしたが風にのって梅の香りが漂ってくるのでお祭り序盤でも、大盛況の時に来るのとはまた違う楽しみ方ができました。それに、始まったばかりだからか、駐車場に入った時にお祝いとしてパックの梅を頂きました!塩漬けの梅であっさりとした小粒でした。大事に頂いています。

この日は平日だったのと、風の強い寒い日だったこともあり写真撮影で機材を持った人が何人かいる以外、普通の参加者はほとんど見られない感じだったので広々と自由に散策できたのがとても開放的でよかったです。めじろの群れが梅の蜜を食べに来ていて、じっとしていると近くの木まで気にせず飛んできていました。

P_20240226_091506

寒かったのもあり、そんなに長居はできませんでしたが貸し切りの梅まつり、なかなか贅沢な体験でした。今週はそろそろ見ごろになっているのではないでしょうか。まだ梅を堪能していない方が是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×