いよいよ春が近づいてきました

接骨院の玄関にある多肉植物のミニ寄せ植えも花を咲かせています。 最初は小さい蕾だったのが、どんどん大きくなってきて細い茎からは想像もできない大きさの花をぶら下げています。 花屋の友人にたずねてみたところ、この花は「カランコエ」の花だそうです。 これから暖かくなるにつれて植物も元気になってきますね。 この先、可愛らしいカップが手狭になってくることも考えておかないといけないような…。 少しずつ手を入れていくことで、元気な姿を保ってもらいたいですね。

マクラメ編みを習得

プラントハンガーのちゃんとしたのを作りたいなと思い、色々と調べていたところ マクラメというものを知るに至りました。 簡単に言うと紐状のものをひたすら結んでいくことで物を作る方法です。 応用の幅が広そうなのと正式な道具が安価ということでチャレンジしてみることにしました。 入門書の最初にあるコースターを作りながらマクラメの基礎を習得中です。 作業自体は難しくないのですが、全ての網目を均等な大きさにするのがコツがいりそうです。 もう少し慣れてきたら、いよいよプラントハンガーの方を作ってみようと思います。

ハンギングプラント

接骨院で植物のお世話をしているうちに関心が高まってきて、最近自宅の方でも多肉植物を育て始めました。 追々紹介させていただきたいと思いますが、今日はその一つである「グリーンネックレス」をお披露目。 その名の通り粒がたくさん連なり垂れ下がるタイプの植物です。 ダイソーで見かけた子なので残念ながら元気がないのですが、窓辺で元気になってくれたらいいなと 専用にプラントハンガーを作りました。 荷造り用の麻紐をネット状に括っただけですが、意外と雰囲気が出て気に入っています。 そのうち、元気になってくれる頃にはちゃんとしたプラントハンガーを拵えてあげたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×