野口接骨院のガーデニングコーナーがやってまいりました。 本日は「ベランダガーデニングの悲喜交々 後編」をお届けいたします!   早速ですが、現在ベランダガーデニングで心配しているのは これから多くなる雨の影響! 更に続く、真夏の照り付ける太陽! 我が家のベランダは日当たり良好の西向きです。 お洗濯物は大変よく乾くのですが、如何せん夏となると長時間直射日光が当たり なかなか植物たちにとって過酷な状況になるのです。 心配をしているのは特にこの子。 十字星です。 これからの季節、この子は真夏の直射日光も雨に晒されるのもよくありません。 背が高く台の陰に隠してやることもできないので、雨が続くようだったら やむを得ず室内避難が必要かもしれません。 あっ、ちなみに手前の色が薄い方は以前購入した子で、 今回もつい可愛くて追加購入してしまいました。 何故色が違うのかは………わかりません!笑 もしかしたら種類が違うのか、育った環境のせいなのか。 十字星にはよく似た姿の「南十字星」という種類もあります。   以前、十字星と一緒に植わっていたハオルチア二人組ですが。 この下に隠れております。 ハオルチアはもともと岩陰にひっそりと生息する植物なので それを再現しているつもりです。 ここなら雨宿りもできるのでハオルチアにとっての特等席になってくれるといいのですが。 この子たちもやや日焼けして茶色っぽくなっていますが、植え替えの際に見た根っこは びっくりするくらい元気そうでした! 左手前に写り込んでいるのは紫の筋が美しいトラディスカンティアの屋外組です。 我が家の環境では室内の水耕栽培育ちのほうが紫の色は綺麗に出るのですが 屋外組のサボテンの土に植わっている子はほぼ緑色になる代わりに色艶が良く勢いがあります。 暑いのか?水が多いのか?色の出方には環境が大きく関わっているらしいですが これはこれで綺麗なので、無理をさせないよう元気にしていてもらおうと思っています。   最後にご紹介するのは、こちら。 大元は枯れてしまったグリーンネックレスですが、 伸びすぎた先端を切り離したものをこのようにしておきました。 この写真は去年の8月のものです。 現在この子がベランダで大暴れしておりまして…。 隣の鉢に侵略しております…! 小さなセダムのお子様が大迷惑です笑 こらこら…と伸びた蔓を引っ張ってびっくり。 既にガッシリと根を張っていて引きちぎらないと離れそうにありませんでした。 現在グリーンネックレスによって鉢植えが連結されております…。 さすがに邪魔になるので今度ゆっくりと根っこを掘り返しておこうとは思うのですが とにかく彼らは「狭いよ!」と言いたいのでしょうね。 元気に伸びているグリーンネックレスの皆さんには、秋ごろに改めて住居を用意する予定です。   今回もご愛読ありがとうございました! 次週は引き続き園芸コーナーで、多肉植物とは違う観葉植物の参戦です。 よろしければ、また足を運んでください。