まだまだ夏は始まったばかりだというのに猛暑が続いていますね。 夏バテしてしまって体が辛い人もいるのではないでしょうか。 かく言う私も夏が苦手で困っています。 最近知人から「黒ニンニク」というものを紹介していただきました。 体の不調に幅広く有効だからぜひおすすめ!とのことでした。 家庭で作ることもできるらしい、と聞いたので早速調べてみたのですが なんとも簡単でびっくりしました! ただし… 20日間、炊飯器の中で保温し続けなければならない、とのこと。 問題はその間の白米をどうやって炊くのかということになりますね。 一応、圧力鍋でもご飯を炊くことはできますが…。 もしもご家庭に、保温機能は健在ながら不具合があって 使っていない炊飯器があれば黒ニンニクを作ってみるのはいかがでしょうか。   さて、少々前の話しではありますが、休暇に富士花鳥園に遊びにいったときのことです。 丁度時期的にアジサイが綺麗だったのですが、そこで まだ市場には出回っていないオリジナルアジサイの展示をしていました。 写真を撮ってきたのでお披露目したいと思います。 とても小さくて細かいガクが重なっていて これだけでブーケのような可愛らしいアジサイ。 縁取りが白くなっており、中央の花の部分が カスミソウのようになっている美しいガクアジサイ。   ガクの縁取りがまるでレースのようにギザギザになっており 繊細な細工のような美しさのあるアジサイ。 中央の方が濃いピンクで外側に向けて少しずつ 淡い色になっているアジサイ。ガクも大き目で華やかです。 細いガクが飛び出すように出ているガクアジサイはまるで 周囲に蝶々を纏っているかのようでした。 透明感のある白いガクアジサイは中央がほんのりピンクがかっています。 ガクも大き目でガクアジサイの中ではかなり華やかです。 何枚もの細かいガクが重なっている重量感のあるアジサイです。 ずらりと並んだオリジナルアジサイの数々を見ていると 本来のアジサイがどのような形だったのかを忘れてしまうほどでした。 現在、アジサイの生産者さん方が注目している品種たちなのだそうです。 いつか私たちの手の届くところに出回り始めるかもしれませんね!