タグ

タグ:ハンドメイド

久しぶりに単色刺しを

色替え激しいHAEDに飽きちゃったターンがやってきたので、久しぶりに色替えの概念を捨て去っている単色刺しを出してきました。
クロスステッチャーさんの中では「長犬パン」の愛称で親しまれている、コロナの流行をきっかけに期間限定で提供されていた図案「パンデミック」です。
現在は公式サイトで日本円換算で4000円ちょっとのお値段で販売されています。
お家時間を楽しく過ごそうね、とこの時期は各種刺繍のメーカーさんが色々頑張ってくれていました。

P_20221126_111817_1

「長犬」とは「Long Dog Samplers」のことを呼ぶ時の日本人の使っている愛称です。
そこが提供している「Pandemic」という図案だから「長犬パン」です。
みんなが使っているその呼称が可愛くて好きなので私もマネして積極的に使っています。
もちろん私が作った呼び名ではないんですよ(笑

単色ですし全面刺しでもないので、HAEDに比べれば進むのが早いのですが如何せん平行なのでこちらも進捗は30%と少し超えたところくらいです。
でも実は、刺し終わらない方がコスパもいいし場所も取らない優秀な趣味なんですよねっ!
終わっちゃったら新しいの買わないといけないですから……なんていいように言っておきます。
だんだんストレスなく、楽に進められる方法を自分なりに試行錯誤しているので進みがよくなってきているような気がします。
「楽な方法」は人それぞれ。正解もなければ教えてもらうこともできません。できるのは色んな人の試行錯誤を見て自分なりにマネして試してみることだけ。時間はかかるけど試す楽しさを実感しています。

ずっと気になっていたものを片付けました!

刺繍についてなのですが、まだまだ準備段階の大作HAED用作業がじわじわと進行中です。
現在取り組んでいるのがHAEFD初心者用のMINIシリーズなのですが、
これを経ての色数が跳ねあがるMax collarsシリーズに挑戦しようとしています。
色数は180色。このシリーズの中では200を超えていないのでまだ少ない方です。
まだまだ始めることはできません。
これの為に100色ほど刺繍色を買い足しました。
DMCの刺繍糸を使うのですが、値上がりの発表があったのでかなり前に買うことは分かっているのでと思いまとめ買いしていました。

それはよかったのですが、買うだけ買って使える状態にできないまま袋に入れた状態で放置だったので。
この休日の時間を使って何日かに分割してこれらの刺繍糸を切り揃え、三つ編みにする作業を行いました。
P_20220921_193603_1

こんな状態です。
図案に書かれた記号と照らし合わせたりしなければならないので、これで第一歩という感じですが
少しずつでも進めないと一生準備も整わないので、気が向いた時には少しずつ進めていこうと思っています!

新しい布クリップを作りました

刺繍をするとき、必ず必要というわけではないのですが
どうしても私は刺繍枠からはみ出した余った布のひらひらが気になってしまうので
ぴっちり固定できるアイテムを使っています。

IMG_5xz3ph

包みボタン同士がくっつくように磁石を裏に貼り付けただけのものですが……
包みボタンを繋ぐリボンの長さや材質で使い勝手そのものが結構変わりそうです。
今回は伸縮性のあるTシャツヤーンを使ってみました。
純粋にリボンがもうなかったというだけなのですが。
短すぎると布が留められないのですが長すぎると刺繍面の真ん中に包みボタンが来てしまって邪魔になります。
その時々で最適な長さが変わってきそうなので、色々揃えておきたいですね。
今のところ3つ作ってあります。
必要な長さが分かってきたらまた新しく作ろうと考えています。

フランス刺繍を少し……。

P_20220807_120442_1

私が刺繍を始めたのは、フランス刺繍がきっかけでした。
そこそこ思ったように針を進めることができるようになってきています。初めの頃は刺すという行為自体がなかなかままならなくて、当然思ったような形に刺すこともできなくてなかなか難しいものがありましたが、少しずつでも作品の数を作って何より手を慣らすことが大事なんだなと感じます。

途中で刺繍はクロスステッチの方がメインになりましたが、フランス刺繍もクロスステッチでは味わえない楽しみがあるので時々引っ張り出して来て作品作りをしています。

今回は、スマホケースを作るのにワンポイントを自分でと思って頑張ってみました。
一応、メンフクロウです!買うだけ買って、あまり使っていない刺繍の図案本がたくさんあるので折を見て活用していこうと思っています。

刺繍キットを買って余った刺繍糸の使い道

今は、自分でやりたい図案に必要な糸を買うスタイルが多くなっているのですが、ここまでハマる前はクロスステッチキットを買って必要なものはキットの中に揃っているという感じのものを使っていました。すると必要分以上に糸は余分につけてくれているので作り終わった後にどうしても半端に刺繍糸が余ってしまいます。

綺麗な糸をただ捨てるのももったいないですが、正直刺繍の作品を作るには残っている糸の量が少なすぎます。
で、困ってただ家に置いているだけだったのですが、手芸屋さんに行った時にふと刺繍糸のコーナーのすぐ近くに組紐ディスクが売っているのを発見したので思い切って買ってみました。

p_20220801_191142

意外と簡単で、するすると紐が編めます。

柔らかい刺繍糸もこうやって組んで紐にすれば随分丈夫になりますし、カラフルで華やかなのでこれで髪を飾ってもいいですし、鍵を通したりしても切れにくいので安心です。糸のまま置いておくよりも使い道が増えて組んでいる時も楽しいし、いい使い道を見つけました!余っている糸の中から組み合わせを考えるのも楽しいです!

このページのトップヘ

見出し画像
×